株式会社音楽館

音楽館について

事業部紹介

TS制作部のご紹介

鉄道運転シミュレータの制作業務全般を手がけています。1995年、家庭用ゲームソフト“Train Simulator”シリーズから始まり、2001年には“PlayStation 2”により映像再生のクオリティを飛躍的に向上させ、2006年には“PLAYSTATION3”の登場により、ハイビジョン映像に対応。
現在は業務用-展示用・訓練用シミュレータを、最先端技術をフル活用し開発。企画立案・撮影・取材・編集・シナリオ・デザイン・プログラム・設計・設置工事までを一貫して行い、純度の高い鉄道運転シミュレーションを世に送り出しています。
パソコンゲームソフト時代からのモットーである“リアルに再現する”ことへのこだわりを大切に、運転シミュレータの限界に挑戦しています。

音楽事業部のご紹介

長年ジャズフュージョンを中心とし、キーボーディスト・作編曲家として活躍してきた向谷による音楽制作を軸に、発車メロディ・車内チャイム・BGMといった鉄道に関する音源の制作のほか、コンサート・イベント企画、著作権管理など、音楽制作の業務一連を行なっています。
近年はその過程を“見せる”ことで、より受け手を意識した作品を、質の高いクリエイターと豊富な機材、音を熟知したスタッフによって生み出しています。
事例(音楽事業部)へ

マトリクスミュージック

マトリクスミュージック社と共同開発した“マトリクスミュージック”システム。
天候や時間など、その時々の環境に合わせた音楽を自動的に選択・生成。無限の可能性を秘めた次世代音楽生成技術を駆使し、様々な空間に彩りを演出します。